住宅購入後の修繕

住宅購入後の修繕では

住宅の雨漏りを修繕する

住宅を購入して雨漏りが発生してしまったら、すぐに不動産会社に問い合わせましょう。瑕疵担保責任は一年以内であれば有効期間ないです。工務店に連絡して修理しても良いのですが、瑕疵担保ならば無償で修繕してもらえます。工務店のアフターサービスとは別に、住宅の不具合を修繕してもらえる可能性を把握しておきましょう。アフターサービスも無償で行なってもらえる場合が多いのですが、本格的な工事が必要になると有料になります。雨漏りは建物の内部にもダメージとなりますので、発見したら原因を解明し、濡れてしまった箇所を新規交換してもらうと安心して暮らせます。

新築した住宅に入居してから

新築した住宅は、入居してからも重要です。建物としての柱と梁のように、構造体そのものは木造建築でも耐久性が高いのですが、経年劣化してしまう部分もあるからです。住宅で自然に経年劣化してしまう部分をアフターサービスでメンテナンスしてもらうと、安心して暮らせます。工務店やハウスメーカーは保証期間を設けています。保証期間が過ぎてからでも、定期メンテナンスを実施してもらえると、リフォーム予算を軽減させられます。経年劣化する場所として挙げられるのは、塗装した箇所です。屋根、外壁、雨どい、外構です。ベランダに防水施工されている場合は、アフターサービスでメンテナンスしてもらえると安心です。

↑PAGE TOP

Copyright © 住宅購入後の修繕では All rights reserved