住宅購入後の基準

住宅購入後の基準とは

住宅の塗装の状態を基準にする

住宅を購入した場合は、新築してから十年間を基準にしてアフターサービスを受けられます。定期的にメンテナンスをしてもらうのも該当します。建物の構造体は耐久性が高いので、十年経過しても老朽化しませんが、塗装などは自然に経年劣化します。住宅のアフターサービスの基準のひとつが、屋根塗装と外壁塗装の塗膜の経年劣化の把握です。塗料には保証期間がありますので、保証期間内に剥がれたりした場合は、無償で再塗装してもらえる場合が多いです。定期的にメンテナンスしてもらっておくと、経年劣化のスピードが判りますので、次にリフォームすべきタイミングを適切に提示してもらえます。

購入前にアフターサービスの確認

住宅は、竣工時には建物に問題が無い場合にも竣工後建物各部が重力により動き馴染んでいきますが、その際に不具合を生じてしまうケースがあるので、安心して長く暮らすために定期的なメンテナンスに加えて、竣工直後からメンテナンスが必須となります。そのため購入の際の注目ポイントの一つとして、アフターサービスが充実しているかを確認する必要があります。アフターサービスは、対応の不誠実や連絡の行き違い、家の構造を熟知してい無いスタッフの派遣など対応がスムーズに行われる事が一番重要なので、住宅購入の際にはサービスの体制をしっかりと確認します。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 住宅購入後の修繕では All rights reserved